南部修一のブログ

みそかつと誕生日と名前詩のお話

    

 

今日はマイマミーこと南部さんの母が

美味しい味噌カツをごちそうしてくれるとのことで

福井の『むろまち』という店に行ってきました。

 

IMG_3917

 

「むろまち」はオッチャンとオバチャン2人でやってる

こじんまりとした店で、創業40年以上にもなる老舗店です。

 

みそかつ・エビフライの店『むろまち』

【TEL】 0776-23-0323
【定休日】 毎週月曜日・第一火曜日
【営業時間】
平日:11:30~19:30(ラストオーダー)
日祝:11:30~19:00(ラストオーダー)
【HPアドレス】 http://www.misokatsuya.com/

 

 

IMG_3922 IMG_3923

 

この店のウリは豆味噌ダレと山椒がたっぷりとかかった「みそかつ」と

大ぶりでプリプリの「エビフライ」

 

勝手な推測ですが、もしかするとこの店のご主人は

名古屋あたりで修行されたのかも知れませんね。

 

 

・・・ところで、本日10月21日は

エジソンが白熱電球を完成させた「あかりの日」なのですが

南部さんの誕生日でもありますので、あるプレゼントを用意してみました。

 

そのプレゼントとは下の写真のコレ↓↓↓

IMG_3920

 

これはいわゆる『名前詩』というヤツでして

『人の名前をふくめて作られた詩』であることがその特徴です。

 

私に生誕の機会を与えてくれた母と父

そしてこの自分自身への感謝と尊敬を込めて

 

母の「美津子」と父の「修(おさむ)」

そして南部さんの「修一」の字を使って作られた名前詩を

母と今は亡き父にプレゼントしたのでした⤴◎

 

imgrc0063450138

 

 

これはいつもお世話になっている名前詩の専門店

『ゆうひ堂』さんに作成をお願いしたのですが

こちらの作家さんはいつも本当に素晴らしい作品を仕上げてくれるので

南部さん的にはチョーおすすすめのプレゼントショップです。

 

>>出産祝い&誕生記念なら「ゆうひ堂」さんの幸せ命額名

 

 

・・・今回の詩の内容について、夕日堂の作家さんいわく

 

『一』の文字は意味合いが多方向にございます素晴らしい漢字になりますので

一瞬や一番と具体的な意味合いを断定させずにあえて抽象的に表現させて頂いております。

『一(はじまり)(初心)を大切に』『一(番になる事を)を大切に』『一(番愛する人)を大切に』『一(歩)を大切に』『一(生)を大切に』『一(瞬)を大切に』『一(緒にいる人)を大切に』『たった(一)度を大切に』

等、詠まれる方の環境や、時代によっての捉え方の変化で自由にご解釈頂きまして

詩の広がりをお楽しみ頂ければ幸いでございます。

 

・・・とのこと。

 

母も非常に喜んでくれまして、私もこの詩のおかげで

とてもあたたかい気持ちになれました◎◎◎

 

ゆうひ堂さんには感謝感激雨あられでございます◎マジで‼

 

あなたもぜひご自分の誕生日には、自分を生んでくれたご両親に

何かしらのカタチで感謝の意を表してみてください。

 

詳しくはここでは書きませんが、

その行動ってのは、自分の人生を勝利するための

絶対法則につながりますからね!キラリッ!シャキーン‼

 

>>ゆうひ堂さんの名前ちりばめ詩の体験レビュー&名前詩ランキングはこちらから

 

 

————–【楽天市場 おすすめ商品】————–