お次は電験三種にチャレンジするよというお話

 

先日の第2種電気工事士の試験は暗記系の問題ばかりでイージー過ぎた。

あれでは生活の刺激にはならない。

今日は第2種電気工事士試験の日でしたというお話

電気工事士の資格は第2種のほかに第1種もあるとはいえ、難易度は2種とあまり変わらない気がする。たぶん。

自分はあくまで人生における刺激を求めているので、お次は「電験三種」にチャレンジすることに決めた。
(※)第三種電気主任技術者の資格試験の略称

調べてみたところ電験三種はだいたい1,000時間くらいの勉強時間が必要だそうで、2年前にチャレンジした宅地建物取引士の試験よりも難しそうだ。
・・・オラワクワクスッゾ

ちなみに電験3種の上には電験2種があり、さらにその上の電験1種の合格者になると神クラスとも呼ばれるらしい(笑)

まあ、1種までチャレンジを続けるかどうかはまだわからないが、とにかくまずは3種合格を目指してみようと思う。

さっそく参考書と問題集を取り寄せたので、試験日の来年8月に向けて今からコツコツやってやるぜ!

電験三種の参考書

 

宅建の場合、一般的に必要な勉強時間は300~400時間とされていて、自分は3ヶ月間勉強しての合格だったから、電験三種では9ヶ月ほどの勉強が必要という計算になる。

資格を得てどこかの企業に雇われることを目的としているわけではなく、人生における刺激と自分の箔付けでしかないのでモチベーションが続くかどうか微妙だけど・・・

まあ、こうやって決意を表に出したからには、たぶん大丈夫だろう。

この記事をシェアしてみよう ↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA