引っ越しで電気ガス水道の手続きを業者に任せると失敗するかも?というお話

引っ越しイラスト

年が明けて2023年、新年おめでとうございます。

1月といえば引っ越しのシーズンでもありますね。

2016年の電力自由化以降、毎年1月~3月は電気ガス水道の手続きを他人にまかせて失敗する人が続出(ぞくしゅつ)する時期でもありますw

というのも、
不動産会社や引っ越し業者などのあま~い言葉をかんたんに信じて、電気代がかなり割高になる新電力会社と契約してしまう若人たちが、毎年かならず一定数いるんですよね。

統計データから推察(すいさつ)すると約2~3%くらいでしょうか。

引っ越し先でかなり割高な電気ガス会社を利用している若人が30~50人に1人、つまり学級クラスに1~2人はいるという計算です。

引っ越しで泡を吹いているイメージイラスト

引っ越しの際には誰でも不安になりやすいので、アカの他人でもつい頼ってしまう気持ちは分からなくもないですが・・・

引っ越しセンターサ〇イとかアパマ〇ショップなどの知名度の高い会社も、所詮(しょせん)は手数料目当ての代理店でしかありません。

悪質な代理店イメージイラスト

じつは割高になるような事業者と契約させられないためにも、電気と都市ガスについては必ずご自身で申し込み手続きすることを強くおすすめします。

 

電気 → 自分で選んで直接申し込みがベスト
(不動産屋や引っ越し業者のあまい言葉を信じて損するケースが多発しています)

 

都市ガス → 自分で選んで直接申し込みがベスト

 

プロパンガス(LPガス) → 物件ごとに定められている事業者と契約する
賃貸(ちんたい)住宅の場合、プロパンガスの販売事業者を自由に選ぶことはできません)

 

水道 → 各自治体(じちたい)に自分で開通を申し込む
(水道は自由化していないので他を選ぶ必要はありません、というか他は選べません)

 

東京およびその周辺の県のベスト企業
大阪・関西エリアのベスト企業
中京エリア(名古屋など)のベスト企業

※電気や都市ガスの開通手続きはインターネットから10分もかからず申し込みできます


スポンサーリンク

自分で手続きしたほうが良いのはどうして?

 

なぜ電気と都市ガスは自分で手続きした方が良いかというと、、

その理由は2016年と2017年にそれぞれが小売自由化されたことによって、悪質な販売事業者が後を絶たないからです。

 
引っ越しは何かとせわしなく忙しいこともあり、電気ガス水道の開通を他人に任せられるのならそれでイイよという声も見られますが・・・

しかし、電気とガスの手続きはインターネットから5~10分ほどの手間で済みますし、そのわずかな手間を惜しんで毎月数千円以上も割高な光熱費を払うはめになるのはバカらしくないですか?

2016年と2017年の自由化以降、悪質な販売事業者が巧妙(こうみょう)な手口で契約数を増やしてきていますので、冗談ぬきで気をつけてください。

結局どこを選べば良い?

では、どこに申し込めば良いのか?

これは引っ越し先によって選ぶべき会社は異なるものの、
かんたんに言うと「自由化前からある大手の電気ガス会社を選べば良い」です。

とりあえず3大都市圏でもっとも安心して利用できる企業をご紹介します。

東京およびその周辺の県のベスト企業
大阪・関西エリアのベスト企業
中京エリア(名古屋など)のベスト企業

東京およびその周辺の県の場合

 

東京23区や関東地方での電気と都市ガスは

・東京ガス公式サイト

・東京電力エナジーパートナー公式サイト

上記企業との契約がもっとも無難です。

東京ガスと東京電力エナジーパートナーのイメージ画像

オール電化物件でも上記いずれかを選べば間違いはありません。

 

 

なお、賃貸住宅の場合、プロパンガス(LPガス)は選べませんので、これについては物件指定の事業者と契約する必要があります。

水道も引っ越し先の住所地の自治体(じちたい)との契約になりますので、他を探すようなことはしなくても大丈夫です。

基本料金3ヶ月無料キャンペーン中!↓↓↓

大阪・関西エリアの場合

 

関西エリアでの電気と都市ガスは

・大阪ガス公式サイト

・関西電力公式サイト

上記企業との契約がもっとも安心です。

ただしオール電化物件の場合は関西電力を選んでください。

お得な引っ越し応援キャンペーン中!(新生活応援プラン解説記事

中京エリア(名古屋など)

 

中京エリアや中部地方での電気契約は

・中部電力ミライズ公式サイト

上記企業との契約が無難です。

オール電化物件でも中部電力ミライズを選んだほうが良いでしょう。

なお、都市ガスについては地域ごとに利用できる事業者が異なり、
東邦ガスやTOKAIガス、サイサン、サーラのガスなど複数のガス会社があります。

中京エリアの都市ガス供給事業者一覧

東邦ガスの供給エリアに関しては、中部電力のカテエネガスプランのほうが東邦ガスよりも安いので、中部電力ミライズでまとめた方が良いでしょう。

お得な引っ越し応援キャンペーン中↓↓↓

 
他のエリア同様、プロパンガス(LPガス)は賃貸(ちんたい)住宅では選べませんので物件が指定する事業者と契約してください。

水道も引っ越し先の住所地の自治体(じちたい)との契約になります。

 

最後に一つだけ注意したいことは

引っ越しセンターサ〇イとかアパマ〇ショップなどの代理業者が紹介してくる電気ガス事業者が絶対にダメとは言いませんが・・

どうしても契約を任せるのであれば、契約する前にその事業者名や代理店を検索して調べてみてください。

GoogleやYahoo!検索なんかだとステマも多いので、Twitterでもあわせて検索してみると完璧です。

東京およびその周辺の県のベスト企業
大阪・関西エリアのベスト企業
中京エリア(名古屋など)のベスト企業

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です